カテゴリー
情報

二重にする前に一重を知ろう!

今日はこんな記事を見つけました

 

一重まぶたと二重まぶたの違いは、ラインが入っているかどうかという見た目の違い以外に、根本的な構造の違いがあるのです。

 

まぶたが開くときは、眼瞼挙筋という筋肉がまぶたを持ち上げるおです。

 

このときにまぶたの皮膚が厚めだったり、脂肪が多めだったりすると、キレイにすべてを持ち上げることができず、目の上にまぶたがかぶさった状態になります。

 

これが一重まぶたの構造です。

 

一重まぶたがどことなく重たく見えたり、目を細くさせてしてしまうのは、まぶたがすべて持ち上がりきっていないという構造上の特徴によるものなのです。

 

まぶたを二重にする手法として、目頭のところにある「もうこひだ」という皮膚を切除したり、まぶたの脂肪を取り除いたりする手術がありますが、これはすべて眼瞼挙筋が持ち上げるまぶたのボリュームを低減し、目を大きく見せるという意図がはたらいているのです。

 

マッサージでまぶたの脂肪を減らすと二重になることがあるというのは、脂肪が減ったことでまぶたが“スリム”になり、眼瞼挙筋が持ち上げやすくなるからというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です