カテゴリー
健康

仕事中にスッキリ! オススメの簡単肩こり解消術

肩の力を抜く肩こり体操

眠ろうとしても、肩に力が入ってリラックスできず、首に違和感が出て

眠りにくいという人もいます。

肩こりは、首から肩にかけて、また、肩甲骨付近の筋肉が緊張して、

血行不良を起こしている状態です。

すると、頭や腕を支えるための筋肉も機能が低下するため、さらに肩こりを

起こす筋肉へ負担をかけることになりかねません。

肩こりの人の多くには、体を支える必要がない横になって寝た姿勢になっても、

肩に力が入り(肩をすくめたような)脱力できない状態が見受けられます。

そのような状態になっている自覚が無い場合も少なくありません。

肩こりを緩和させるには?

毎日の生活の中には、姿勢の負担や精神的な緊張など、肩に力が入り、

肩こりにつながる要素がたくさんあります。

緊張感漂う職場の雰囲気や仕事内容、そして、姿勢を変えることが少なく、

手先を使う反復作業を行うといった、様々な要素によって、肩や首、背中の

筋肉が緊張していきます。

毎日のようにその状況に身を置くことによって、常に肩に力が入りリラックス

できないようになっていきます。

「肩がこっていない状態がわからなくなってしまいました。」と言う人もいます。

正常な筋肉の硬さを忘れてしまう、といったイメージでしょうか。

肩の力を抜く肩こり体操

肩こりを悪化させないためにも、ちょっとした時間をみつけて、強制的に

「肩をすくめるような力がはいっていない状態」をつくり、

「これが正常な状態ですよ。」ということをインプットすることが大切です。

体操は、長時間やるというよりも、1回につき3?5セットでもよいので、

1日のうちにこまめに行えると効果的です。

デスクワークの途中やお風呂などで温まりながらがオススメです。

それでは、さっそく脱力体操を行ってみましょう。

最初のポジション

1 顔は正面に向け、両腕は体の脇におろした状態から始めます。

片方の肩をしっかりすくめて

2 まず、左肩をギュ?っと5秒間すくめます。

それと同時に、右ヒジを床方向へ垂直にゆっくり動かし、右の首スジを

伸ばしていきます。

反対側も同様に

3 次に、右肩をギュ?っと5秒間すくめます。

それと同時に、左ヒジを床方向へ垂直に動かし、左首スジを伸ばします。

最後に両肩をグル?リ

4 2、3を3?5回ほど繰り返しましょう。

繰り返した最後に、両肩をグル?リとゆっくり回して終了です。1日に

数回行うように心がけましょう。

この体操はゆっくり行い、勢い良く反動はつけないようにして下さい。

肩こりが強い場合は、肩をすくめると、筋肉が痛く感じることがありますので、

無理をせず、回数少なめから始めて下さい。

もし、症状が悪化するようであれば、体操は中止してください。

カテゴリー
健康

■まぶたの脂肪燃焼マッサージ

二重まぶたの形成に一番大切なのが、まぶたの脂肪・むくみを減らすこと。

これらが残っていると、二重まぶた用化粧品がすぐ剥がれてしまったり、まぶたにクセがいつまでたっても定着しない…ということになります。

●【朝と夜】脂肪燃焼マッサージ

こめかみを痛気持ちいい強さで5秒押します。

目尻から、目の骨の周囲をぐるりとなぞるように、1プッシュ5秒づつ押していきます。

眉山まできたら、もう一度こめかみに戻ってください。これを3回繰り返していきます。

●【入浴中】まぶたの温冷ケア

お湯で温めたタオルをまぶたの上に乗せ、目をとじて5分。

途中でタオルが冷めてきたら、再度お湯につけて温かさを保ちましょう。

冷水につけたタオルを固く絞って、目を覆うようにパックして3分。時間があるときは繰り返し行いましょう。

■二重まぶた用化粧品を利用する時の心構え

●1?2年続ける覚悟で、ほぼ毎日じっくりと

1ケ月もするとメイクにも慣れるので、実際は二重生活になりますけどね!

●1日長時間よりも、ほぼ毎日を続ける

二重まぶた用化粧品は肌に負担をかけるので、長時間は要注意!

カテゴリー
健康

■朝の一杯でキレイを底上げ! 美肌ジュースのススメ

ダイエットしたい方、朝食事を摂る時間がない方、食欲がない方……。

朝一杯のジュースで、内側からキレイの底上げをしてみてはいかがでしょうか?

今回は美肌になるジュースの作り方をご紹介します。

いま話題の、朝ジュースを飲む美容法。

ダイエットにも良いとして、若い世代だけでなく、幅広い世代の方が

実践しています。

その秘密は、“手軽に栄養が摂れる”、“続けやすい”という点にあるようです。

☆ジュースなら酵素が摂れる!

皆さん、聞き慣れていると思われる“酵素”。

実際に酵素がどんな働きをしているか、ご存知ですか?

酵素は、消化吸収・新陳代謝・排泄など、人間が生きていく上で必要な働きを

担う、たんぱく質。代謝時に働くのが代謝酵素、消化を助けるのが消化酵素、

食物に含まれるのが食物酵素、と3つに分類されており、現在発見されているだけ

でも3千種類以上存在すると言われています。

食物酵素は熱に弱く、約50℃で壊れてしまいます。

そのため、生の状態、もしくはジュースのような形態で摂取する

必要があるのです。

☆朝に飲みたい理由

朝は、一日の活動をスタートする大切な時間。

シャキッとさせたい、フットワークを軽くしたいときなどに、糖質を摂ることが

効果的といわれています。

また、食物繊維もたっぷり含まれているので、1杯飲むだけでもお腹にしっかり

溜まるところも嬉しいポイント。

ダイエットで栄養が偏りがちな方にもオススメです。

☆早速作ってみましょう!

朝ジュースは、基本的には好きな野菜やフルーツを、豆乳などと

組み合わせるだけで作れる簡単なドリンクです。

「毎日飲むと飽きてしまいそう」という方は、その日に冷蔵庫の野菜室に

あるものを組み合わせて、日替わりドリンクを作ってみてはいかがでしょうか。

その際、甘みを加えたければ、砂糖を入れるのではなく、リンゴやハチミツを

プラスするようにしましょう。

☆超簡単!美肌ジュースのレシピ

ここでは、『美肌に良い効果をもつ成分』をメインにしたドリンクを

ご紹介します。

もちろん、基本のレシピにお好みのフルーツや野菜を加えてもOK。

お気に入りの味を探して下さい。

1:紫外線に負けない! キウイドリンク

≪材料 2人分≫
キウイ・・・2?3個
ハチミツ・・・大さじ1
水・・・100ml

キウイは皮をむき、フォークでつぶす。

水とハチミツを加え、しっかり混ぜて出来あがり。

お好みでレモン汁を加えるとさっぱりした風味になります。

ビタミンCたっぷりで、紫外線ケアにもオススメ。

2:エイジングケア&女磨き! ぶどう豆乳

≪材料 2人分≫
ぶどう・・・巨峰など1/2房
豆乳・・・100ml

ぶどうは皮つきのままでOK。種だけとりましょう。

ぶどうの皮にはポリフェノールがたっぷり含まれています。

豆乳と一緒にミキサーに入れて完成。

3:抗酸化&保湿! アボガドりんごドリンク

≪材料 2人分≫
アボガド・・・1個
りんご・・・半分
水・・・100ml

アボガドは皮をむき、種を取り除きます。

りんごは適当な大きさに切り、材料を全て合わせてミキサーへ。

アボガドには“若返りのビタミン”と呼ばれるビタミンEが豊富。

りんごには保湿効果もあり、食物繊維の力で便秘改善も期待できます。

4:肌質強化! 人参ジュース

≪材料≫
人参・・・1/2本
グレープフルーツ・・・1/2個
レモン汁・・・少々
水・・・100ml

グレープフルーツは外皮をむき、適当なサイズにカットした人参、水、

レモン汁と一緒にミキサーへ。

β-カロテンたっぷりの人参、ビタミンCたっぷりの柑橘系で、

さっぱりと美味しい肌質強化ドリンクの完成!

☆ジュースを飲む時のポイント

≪作ったらすぐ飲みきる≫

朝、ジュースを作ったら、なるべく早く飲みきってしまうのがオススメです。

なぜなら、放置しておくとビタミンCがどんどん壊れてしまうため。

また、時間が経って酸化してしまわないように、作り置きも控えましょう。

≪ミキサーが無くても大丈夫≫

作る際にはミキサーがあると便利ですが、ない場合は材料をなるべく細かく

カットして、しっかり混ぜましょう。

≪味を調整する≫

甘みにドライフルーツを加えてもOK。

何か一味足りないな、と思ったら、レモン汁やハチミツ・塩等を加えて味を

調整してください。

砂糖は糖分の摂りすぎになってしまう可能性があるのでNGです(;’∀’)

≪栄養素をプラスする≫

小さじ1杯を加えるだけ。

さらに栄養バランスをアップさせたいときは、“スピルリナ”のパウダーを

ドリンクに追加するのがオススメです。

スピルリナの正体は、食用の藻。ビタミン・ミネラルなど50種類もの栄養素が

含まれているスーパーフードです。

小さじ1杯加えるだけで、グンと栄養バランスがよくなります。

いかがでしたか?

上記でご紹介したドリンクの材料はあくまで目安。

その日に摂りたい材料で、飲みたい味に仕上げてください。

毎日摂ることで、体調も身体のリズムもしっかり整うはずです。

内側からキレイになることで、美肌づくりに努めましょう!