カテゴリー
美容

【アイメイクの方法(アイメイクとは・範囲と効果)】

メイクに欠かせない目元のメイク「アイメイク」。

アイシャドーの入れ方やアイラインの描き方によってさまざまなイメージを作ることや形を整えることで楽しむ事の出来るのがアイメイクです。

アイシャドーは舞台の特殊効果から発達し、現在では一般化され目の存在を効果的に魅せ、ファッション性を表現する部分(アイメイク)としても大きく重視されています。

もっとアイメイクを楽しむためにもアイメイクの範囲と効果についてまとめてみました。

■眉頭部の下から目頭のくぼみのアイメイク範囲と効果

ノーズシャドーの延長にあたる場所で、アイメイクでは暗い色をもってくると鼻を高く見せる効果があり、目が離れている人のアイメイクでは目が離れて見えるのを抑える効果があります。

眉頭の下にアイブローカラーをぼかす事により鼻を高く見せる効果をだし、目頭に明るいハイライトを入れると鼻を高く・目を綺麗に見せ魅せるアイメイク効果があります。

■上まつ毛の上部分のアイメイク範囲と効果

アイメイクの色が一番強調出来る部分でダークカラーを使うと目を大きく見せるアイメイク効果があります。

チップを使って何度も色を重ねることによってアイシャドーを濃く綺麗に色をのせることができます。

■アイホールのアイメイク範囲と効果

アイホールにはくぼんでいる人とふっくらとしている人がいます。
日本人には腫れぼったいアイホールが多くみられます。

アイホールにのせるカラーにより派手なアイメイクになったりナチュラルなアイメイクにする事が出来ます。

アイシャドーは小さいブラシを使うと上手にグラデーションを作る事が出来ます。グラデーションを綺麗に仕上げることにより、目を大きく見せるアイメイク効果があります。

■眉の下のアイメイク範囲と効果

眉の下のアイメイクでは、この部分を明るく・広くすると目元をすっきり明るくみせるアイメイク効果があり、広いと女性らしく・狭いと男性的なきりっとした顔に見えるアイメイク効果があります。

ブラシや指で眉下部分にや眉尻の眉下にハイライトを入れると目元を立体的に見せるアイメイク効果があります。

■目尻からこめかみのアイメイク範囲と効果

目尻からこめかみ部分にハイライトを入れると、目元をより立体的に見せるアイメイク効果があります。
この部分にチークカラーを入れて女性らしく見せるアイメイク効果もあります。

■下瞼のアイメイク範囲と効果
目をより大きく見せたい時に効果的なアイメイク部分です。
涙腺が膨らんでいる人はあまり広く入れると浮いて見えるアイメイクになる事があります。

アイメイクだけでも、それぞれの部分にさまざまなアイメイク効果があります。

今度はアイメイクの手順に従ってアイシャドーの塗り方から説明します。